講座詳細

定期講座藤原直哉の最新世界経済予測 2017年7月

ドル安円高、株安、債券安!新しい内閣になった場合の2つのポイント!政局もマーケットも海外も引き続き慌ただしくなっています。

「御用達の仕事の確立に向けて日々努力しましょう」とお話される経済アナリスト・藤原直哉先生が、国内外の時事解説・時局分析を今月も行います。

<<安倍内閣・事実上の死に体>>
・外堀が埋まっている中、最後の抵抗
・脱原発・平和路線の小池新党の動きが最大のポイント
・国政の中での大きな役割
・自民党、民主党からの鞍替えによる空洞化
・あっさりと乗り換える公明党
・残り2%の増税、3回目の消費増税の扱い

<<保有資産の自然減に任せる欧米>>
・金融緩和の終わり
・景気下支えの終わり
・米国債、モーゲージ証券の売り
・欧米の金利上昇
・ドルの短期金利上昇、ドル資金調達
・死活問題の影響はどこへ
・不安感の高まる金融市場

<<長期金利の抑制をする日銀>>
・若干の円安がいつまで続くのか
・為替の調整
・安倍内閣の終わり=黒田総裁の終わり!?
・内閣の終わり以上に注目の日銀総裁の動向
・金融緩和の出口論

<<縮小していくマーケットでも利益を出せる企業>>
・華々しい道なし、未確定部分が多い東芝
・ロシアとの後戻り外交
・事業者で景気が良いと言っている人は、ほぼ皆無!?
・ゆるやかな景気減速中の中国
・住み分けしていく企業

<<先制攻撃はできないと判断するアメリカ>>
・北朝鮮の反撃能力
・ソウル首都圏2000万人が壊滅する可能性
・中国の封じ込め、今の体制へのゆすぶり!?
・核抜きミサイル抜きの統一

<<カタールの封鎖から見る中東の動き>>
・イスラエル含めた悪巧み連中の浮かび上がり
・本土防衛戦、イスラエルを許さないロシア
・ISISの壊滅状態から見るイラン、ヒズボラ、ロシア勢力

<<通らない!? 刺激的なトランプ政権の予算案>>
・秋に山場を迎えるアメリカの財政
・アメリカ政府の店じまい、妥協しないトランプ政権
・ハイテク株の下がりから見る相場の不安定性
・ドル安円高、株安、債券安の展開

大きな流れの中で、自分たちがどうしたら良いのか、
時間を無駄にせず、しっかりと見極めて行動していきましょう。

毎月世界と日本で今何が起きているのか、これからどうなっていくのか
金融・経済・政治・経営などの切り口から、経済アナリストの藤原直哉が
時事解説・時局分析をおこないます。

あなた自身で情報を集めて、あなた自身で判断する、
あなたの実力で世の中を知ることで、
どんどん前向きに考えて行動できるようになります。

進化が問われる時代、自分たちで未来を創り、展開できるように、
世の中の動きを毎月見ていくことで、大きな世の中の流れをつかむことができます。

ダイジェスト動画

講座詳細

配信について 毎月中旬更新
教材構成 動画教材:収録時間 約15分
主な学習項目
  • 世界情勢から経済の行方を予測する
  • アジア、ヨーロッパ、アメリカの動向
  • 世界金融における大きな動き
  • 日本国内の政治と経済の行方
  • これからの対策と心構え
必須前提知識 なし
担当講師

藤原 直哉(ふじわら なおや) 先生

経済アナリスト 株式会社あえるば 取締役会長
特定非営利活動法人日本再生プログラム推進フォーラム 理事長
独立系シンクタンクとして「経済」「政治」「国際情勢」「組織のリーダーシップ」に関する独自の分析を行っているほか、小田原市および長野県南信濃遠山郷に拠点を構え、ロハス体験学校の主催、コンサルティング、社内教育、講演、執筆活動を行っている。
また、藤原直哉が執筆する「ワールドレポート」を毎週発行。その他、社会人学校「藤原学校」を東京で月2回開催し、全国各地で「藤原塾」も開催している。
さらにNHKラジオ第一放送の「ビジネス展望」、山口放送ラジオの「情報ダブルクリック」にレギュラー出演、NHK文化センター青山教室では「世界の中の日本経済」というタイトルで時局分析を行っている。
このほか以下の職責を兼務している。
・渋谷ソーホーバレーコモンズ(SVC)推進協議会会長
・有限責任事業組合藤原KAIZEN研究会顧問
・ワシントン大学経営大学院名誉卒業生
・ワシントン大学経営大学院キー・パートナー

株式会社あえるば
URL:http://fujiwara.aeruba.co.jp/

受講する